トップ › 温泉 大観の湯

大観の湯

つなぎ温泉の由来

平安末期の康平年間(1058~65)、源義家が安倍貞任を 攻めた時、本陣を「湯の館」(現岩手県盛岡市繋温泉 (つなぎ温泉)南方の山麓)に置きました。
この時、義家は温泉が湧いているのを発見し、愛馬の傷をこの温泉で洗うと快癒したので、義家も愛馬を穴のあいた石に繋いで入浴したと言われ、以来繋温泉(つなぎ温泉)と呼ばれるようになったということです。

美肌の湯 温泉研究家の方にも評価いただいた自家源泉のビューティー効果は?
泉質・効能 泉質は単純硫黄泉です。強アルカリ性の硫黄泉は全国でも珍しいです。さて、気になる効能は?

大観の飲泉・手湯

2014年10月「飲める温泉」オープン 適応症

耐糖能異常(糖尿病) 高コレステロール血症

飲用方法及びご注意
  1. 温泉飲用の1回の量は100ml~150mlで、1日の総量は350mlまでとしてください。
  2. 15歳以下の方の飲泉は原則として避けてください。
  3. 飲泉は食事の30分程度前に行ってください。
  4. 飲泉には備え付けの紙コップをご使用ください。
  5. 飲泉場から飲用目的で温泉水をお持ち帰りにならないでください。
  6. 飲み残しのお湯は手湯に流さないでください。

露天 薬師の湯(女性用)

自然を感じられる庭園露天風呂 お風呂の特徴

2008年8月1日、女性用露天風呂が新しくオープンしました。
今までよりさらにパワーアップしたお風呂で「やっぱり大観のお風呂イイね♪」って思って頂ける露天風呂です。
晴れた日には岩手山、夜空には星をながめる。

ご利用時間

15:00~深夜0:00/朝5:00~10:00

※深夜0:00~5:00までは清掃の為入浴できません。

露天 薬師の湯
  • 露天 薬師の湯
  • 露天 薬師の湯
  • 露天 薬師の湯
  • 露天 薬師の湯
  • 露天 薬師の湯

露天 簾下りの湯 (男性用)

岩手山を望む露天風呂 お風呂の特徴

慶長八年十月十八日(1603)に南部信濃守利直公が当館の先祖佐藤刑部少を訪ねられ御入浴され、つなぎ温泉の湯守に任ぜられました。その後藩主並びに御一族の御来湯の際は簾(すだれ)を下ろして御入浴を賜った事から『簾下りの湯』と呼ばれるようになりました。

ご利用時間

15:00~深夜0:00/朝5:00~10:00

※深夜0:00~5:00までは清掃の為入浴できません。

露天 簾下りの湯
  • 露天 簾下りの湯
  • 露天 簾下りの湯
  • 露天 簾下りの湯
  • 露天 簾下りの湯
  • 露天 簾下りの湯

打たせ湯露天(男性用・女性用) 

かけ流しの湯にのんびり浸かる お風呂の特徴

おいしい空気に四季を感じながら源泉の湯をお楽しみください。

ご利用時間

15:00~深夜0:00/朝5:00~10:00

※深夜0:00~5:00までは清掃の為入浴できません。

打たせ湯露天
  • 打たせ湯露天
  • 打たせ湯露天
  • 打たせ湯露天
  • 打たせ湯露天
  • 打たせ湯露天

大浴場「大観の湯」(男性用・女性用)

広々とした源泉掛け流しの大浴場 お風呂の特徴

広々約25メートルの開放的な大浴場ももちろん源泉100%かけ流し!
心身のリラクゼーションをご満喫ください。

ご利用時間

15:00~深夜0:00/朝5:00~10:00

※深夜0:00~5:00までは清掃の為入浴できません。

大浴場「大観の湯」
  • 大浴場「大観の湯」
  • 大浴場「大観の湯」
  • 大浴場「大観の湯」
  • 大浴場「大観の湯」
  • 大浴場「大観の湯」

古代檜風呂(男性用・女性用)

木の香漂う、ひのきの寝湯 古代檜の由来

この浴槽の全ての木材は古代檜と呼ばれる直系二メートル余りの巨木です。古代からよみがえった古代檜は海抜二千五百メートル以上の深山幽谷の地に樹齢二千年を数えた地殻変動、地震等で生木のまま倒木し更に百五十年も二百年も眠り続けた檜でまさに神木とも言うべき世にも貴重な逸材珍材です。二十~三十年は充分耐久性があります。
古代檜から抽出される精油中には、血行や新陳代謝を促進し神経を休める等、森林浴同様の保健作用がございます。ゆっくりご入浴され日頃のお疲れを充分お癒し下さいませ。

ご利用時間

15:00~深夜0:00/朝5:00~10:00

※深夜0:00~5:00までは清掃の為入浴できません。

古代檜風呂
  • 古代檜風呂
  • 古代檜風呂
  • 古代檜風呂
エステコーナーリンクバナー 大観では専用のアロマエステルームのほかに大観では専用のアロマエステルームのほかに全身整体のできるブース・フットブースをそれぞれご用意しております。 営業時間 16:00~24:00

ページの先頭へ